読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memorandum

主に観た映画(新作、旧作)の備忘録。目指せ1000

「ズートピア」感想

映画(洋画)

ディズニーとピクサーの違いを説明できる人いますかね?軽くググってみた感じだと、ピクサーとディズニーはアニメーション会社としては別物だけど、ディズニーが配給を行っているらしいです。あってますかね、、

ピクサー作品はトイストーリー、ニモ、モンスターズインクとかで、
ディズニーは最近だとアナ雪とかベイマックスとか、今回とりあげるズートピアとかです。
 
どうでもいいけど就職したから映画高くなったなぁ…
 
 
感想を一言。。
 
ズートピア=アメリカ。
 
以下感想をのべていきます。内容に触れています。

「プラダを着た悪魔」感想

映画(洋画)
感想を一言…女性向け。けど意外とシビアな話
 

2006年公開、デヴィッドフランケル監督の「プラダを着た悪魔」(原題:The devil wears prada)

邦題にひねりがなくて良いですね。
主演はアンハサウェイ、メリルストリープです。
 
日本だと女性に人気のあるイメージが強く、あまり自分はそこまで興味のあるジャンルではないかなと思っていましたが、
話がとてもしっかりしているのと、画面も華やかで目に優しいので(笑、食わず嫌いせずにみることをおすすめします。
 
 
 
以下感想を述べています。内容に触れています。

 

 

超ざっくり話すと、ファッションに興味のないライター志望の主人公アンドレアが、キャリアを積むためにファッション雑誌の会社に入り、編集長のミランダのアシスタントとして日々奮闘するお話です。
 

「最強のふたり」感想

映画(洋画)

公開は2011年、原題は「Intouchables」

監督はエリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ。
フランスの映画です。
多少相違はあるらしいですが、実話に基づいたストーリーです。
 
フランス語の映画を観たのは人生で2回目くらいです。「ウイ」とかしか言ってることわかんないですね。笑
 
感想を一言…じんわり心に来る映画。
 
 
筋書きとしては、富豪だが体が不自由な男(フィリップ)と、その介護をすることになった貧困層の黒人の青年(ドリス)の交流を描いています。
 
題材としては障害者を扱っていますが、
全体的に描写は良い意味で軽く、ストーリーはさらっと進んでいきます。というより、わざとそういう障害があることによる葛藤や苦悶を外しています。
あからさまなお涙頂戴や気まずさがないのでリアルさを感じられます。それでも、ストーリーの明るさに対して、すごく余韻の残るとても良い映画だと思いました。
 

「マイインターン」感想

映画(洋画)

洋画が日本に配給されるとき、邦題がつくことが結構ありますが、その改変必要かな?って思うこと誰でもあると思います。。

 
はい。2015年公開、ナンシー・マイヤーズ監督のマイインターンです。原題はThe Intern。
プラダを着た悪魔の続編とか言われてました。主演はアン・ハサウェイと、ロバート・デニーロです。

感想…ほのぼの。

華やかな雰囲気は出ていますが、映画としては意外と地味というか落ち着いています。
ずっと安心して見ていられるので、穏やかな気分になれる良い映画だと思います。

 
予告編です。日本語版と英語版での違いが興味深かったので、あえて両方入れました。
 
 
 
 
以下、感想を述べていきます。内容に触れています。
 

「12モンキーズ」感想

映画(洋画)

12モンキーズ」。

結構昔の映画ですね。

タイムトラベルを題材にした映画で、ブルースウィリスとブラッドピットが出演しています。

公開は1995年で、監督はテリー・ギリアムです。

 

感想を一言・・・もう一回見返したくなる。

 

すごく良くできているタイムトラベル物だと思います。

謎多き作品ですが、緻密でとても面白いのでオススメです。

 

予告編です。

www.youtube.com

 

以下感想を述べています。例によって内容に触れていますのでご注意。

 

 

続きを読む

「デッドコースター」感想

映画(洋画)

はい。先日書いた、ファイナルデスティネーションの続編です。

2003年に公開され、監督はデヴィッド・エリス、原題はFinal Destination 2。

 
 
感想を一言。
 
 
もう無理。
 
 
予告編です。
 
 
以下、感想を述べています。内容にも触れていますのでご注意ください。
 
 

「ハンガーゲーム」 感想

映画(洋画)

全米では記録的な大ヒットとなった「ハンガーゲーム」。(原題:The Hunger Games)

2008年のスーザン・コリンズの小説が原作で、2012年に公開され、監督はゲイリー・ロス

現在は「ハンガーゲームファイナル」まで公開されています。

 

世界にひとつのプレイブック」でも主演を演じている、今をときめくジェニファー・ローレンスが主演ということでも注目されています。

 

感想を一言・・・どこかで見たことあるような筋書き?

 

www.youtube.com

 

日本ではそこまで注目されていませんが、全米では年間トップ3とかには入っているみたいです。

 

以下感想を述べています。※内容に触れています。 

 

 

続きを読む