読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memorandum

主に観た映画(新作、旧作)の備忘録。目指せ1000

「ゴーストバスターズ(2016)」感想

 最近どんどん遅筆になっているので、もっと軽い文章をさっさとあげた方がよいなと思い始めてます※本記事は3ヶ月くらい前にみたやつです。。

 

はい。キャッチーなテーマソングとロゴでおなじみのゴーストバスターズです。

 

初代から32年経てリメイクされました。
wikiによると、リブート版と呼ばれるそうで。
リブートとは「シリーズにとって核となる要素とコンセプトを整理することで、あらゆる「不可欠でない要素」を取り除く事を可能にし、シリーズをやり直す手法である 」だそうです。

せっかくなので、初代ゴーストバスターズも見た上でいろいろ比較してみたいと思います。(2は未視聴)

公開前レビューは散々だったようですが、特に初代に思いいれもないので、なるべく公平に。。。

 

監督は、1984年版(以後初代)はアイヴァン・ライトマン、2016年版(以後リブート版)はポール フェィグです。

 

お化けオタクのおばさん3人組(後に4人組に)がお化け稼業に勤しむうちに、NYを脅かす大いなる陰謀に気付き…という話です。

 

 

 

以下、感想を述べていきます。

内容に触れていますのでご注意を。

 

 

 

ゴーストバスターズは、題材こそお化けですがコメディに属するので、お化けの描かれ方やギャグが徹底的にくだらない(良い意味で)です。

こうした作品にありがちなのは、コメディ基調でありつつも、最後はシリアスな展開になってしまうことです。
ゴーストバスターズはそうではなく、ラスボス級のお化けが出現しても、サービス精神が旺盛でふざけ倒しています。お化けという概念な登場する映画中で最も怖くない映画かと思います。
笑いどころも細かいネタ(初代のオマージュのようなシーンやマニアックなものも)が多く、とても楽しい気分になれました。でも、初代をみていなくても十分楽しめると思います。洋画には珍しくエンドクレジットも工夫されているので最後まで見ましょう。

 

初代と2つの作品を比べてみると、大筋のストーリーは似ているものの、相違点を挙げるとこんな感じかと思います。

ゴーストバスターズの立ち位置

(初代)ゴーストバスターズはメディアに取り上げられ話題の人気者に

(リブート)市政から邪魔者扱い

・お化けの出現理由

(初代)古代の神ゴーザの仕業

(リブート)お化け発生装置を使った人為的なもの

・武器

(初代)細かい説明はなくノリと勢い

(リブート版)機器の原理や機能の説明がやたら細かくマニアック

上に挙げた相違点は、今の時代に合わせてマイナーチェンジした部分で、いわゆる「不可欠でない要素」です。初代では、軽いノリとか勢いに任せていたところを、もう少し今の社会に合わせて、説得力とリアルさを持たせようとしているように感じます。ツッコミどころをそらすというか。youtubeに動画あげて自分のことがばれてしまったという件も現代っぽいです。

 

上に挙げてない重要な共通点と相違点としては、

・3人の白人+黒人1の構図は変わらない。

・男3人が女3人に変わり、受付が女から男に。

 

前も書いた気がするけど、多様な人種のいる洋画では、逆にどの人をどのように起用するのかを決めるのが難しくなってきているようにも思います

男性か女性か、白人か黒人かアジア人か、みたいな。。

それぞれ特定のイメージを持つので、キャラクター性を付与するのにこうした属性をいかすのはよいのですが、今回は、こういう役柄はこういう性別あるいは人種という固定観念を打ち破ったら面白いんじゃ?という考えでキャストを配置している気がします。劇中のゴーストバスターズってもともとダサいというか痛い感じで、まっすぐなんだけどどこかズレているような立ち位置で、そういう役回りはたいてい男性が担うことが多いですし、受付のケビンのような、頭空っぽでセクシーさをふりまく役回りは普通なら女性が担いそうです。

ただ、起用は柔軟になっているかもしれないけど、そうしたイメージ打破にとらわれすぎて、キャラクターのリアルさが薄まってしまうような印象がありました。

 

受付のケビンについて。クリス・ヘムワース扮するこの受付はかっこよくてセクシーですが、とにかくやる行動がアホです。彼の行動で何度も劇場に笑いを起こしていたのですが、観ている人は女性か男性かで受ける印象は違ったかもしれません。

 冴えない男3人が無能でセクシーなヒロインを助ける構図は今だったら新鮮さにかけるし、もしかしたら女性を馬鹿にしているなんて声があがるかもしれません。逆に、男性にしてみれば普段自分たちが向けている視線を自分に向けられているような気持ちになるかもしれません。

 

同じような話なのに、キャラクターの属性を入れ替えるだけでだいぶ印象が変わるので、感想も大きく分かれそうだと思いました。