読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memorandum

主に観た映画(新作、旧作)の備忘録。目指せ1000

「きっと、うまくいく」感想

Aal〜 IIz〜 Well〜 ヒュイヒュイヒュイ(口笛)
 
そういえば、遂にアマゾンプライムにも手を出しました。
 
2009年公開、日本でもとても話題になったインド映画です。

監督はラジクマール・ヒラニ、原題は3 idiots。

 
予告編が言葉わからないので歌パートを。。
 
感想…超絶おすすめ!
今年見た中では1番かもしれません。
 
大学の同級生3人(ランチョー、ファルハーン、ラジュー)が送る、笑いあり涙ありの大学生活と、卒業後姿をくらましたランチョーを、10年後探す話です。
 
邦題の「きっとうまくいく」という言葉は、劇中の歌にも入っている「all is well」という言葉で、困難な時にはこの言葉を自らに唱えようという言葉です。
心はとても臆病だから、これを唱えることで、困難を無視する勇気がでる言葉です。
 
 
一貫したストーリーというよりは、様々なエピソードを通して喜びや悲しみ、怒り、楽しみ、愛情、後悔、いろんな感情を描いています。
驚くような展開があるわけではなく、ある意味ベタっちゃベタです。でも、とっちらかっているわけではなく、セリフやエピソードがきれいにつながって、最後はおさまるべきところにきれいにおさまっていきます。素晴らしいストーリーです。
見返したり、歌をきくだけで楽しい気分がよみがえります。
 
【自分らしく生きる】
この映画のテーマは、自分らしく生きるとは何か?ということです。
 
3バカの主人公ランチョーは自由人で、人生哲学をしっかりもっています。大学の教育方針に対して疑問を持ち学長には喧嘩を売りまくりです。でも、無敵な変人というわけではなく、人間らしさはちゃんとあって、根底には優しさが溢れています。
そんなランチョーにファルハーンとラージュも影響を受けます。
 
生きるとは、幸せになるとはどういうこと?
自分の人生は自分が生きる、理想を追い求めることが人生なのでは?
例え理想や夢がなくても、今自分を縛っている何かは解放しなくちゃ!
そんなことを言っている気がします。
 
自分らしく生きるって言葉でいうのは簡単ですし、いい言葉です。でも自分らしく生きるってわがままに生きるとも違うし、怖さや痛みから解放されることでもありません。 
現実的には、家族もいるし仕事や勉強もあるし、何もないところに踏み込んでいくのは怖いし、人にどう思われるかが気になってしまう。
勇気もいることだし失敗したり痛いこと辛いこと笑われたりすることがあるかも。
目の前の状況を辛くても投げ出さずにいるのが大人という考え方もあります。
 
けど、結局自分の人生をどうするか決めるのは自分。自分が幸せになるも、マヌケになるも自分次第。 勝つとか負けるとか、逃げるとかじゃなくて、何が自分にとって一番なのか?
自分の人生を生きる勇気をくれる映画でした。
 
 
【社会問題への切り込み】
この映画のもう一つの側面が社会風刺です。
本作では、インドがどんどん発展する中で、過熱する学歴社会や若者の自殺率の増加、貧富の差を問題として浮き彫りにしています。カースト制度にもチクリと言っています。
学校が点取り教育に傾倒したり、人生は競争だ〜なんて言葉が飛び出てくるのは、社会構造がそうなってしまっているから。悪いのは人ではなく社会構造だ、だから是正すべきは教育だ、と述べています。
成功ではなく優秀さを目指せ!と。
 
勧善懲悪の話ではないので、競争社会を人生の原理として生きている者にもある程度(申し訳程度?)の敬意を払います。
3人が通うICE工大の学長であり、3バカを目の敵にしている学長は、憎たらしい人物として描かれるも、彼自身を笑いものにしたり貶める描写は意外に少ないです。
こういう映画だと、だいたいこういう人が痛い目にあって終わるのが普通だと思うのですが、そんな単純な成敗でカタをつけたいわけじゃないようです。
学長にも家族があり、科学に対する信念があり、人生があるのです。
 
ガリ勉でこれまた競争社会の申し子的存在で、笑い者にされているチャトルも同様です。10年後はランチョーには及ばないけど、大きい会社の副社長になって、家族もいて不幸そうな様子はなく意外と成功している。これもまたその人の選ぶ人生だなと思います。
チャトルうざいですけど。笑
 
学長の娘で本作のヒロインであるピアの婚約者(スハース)は、人を損得勘定でしか見ず、お金でしか物の価値を計れない男なので、作中ではいいところが全くありません。
こんなマヌケな奴にはなるなっていうことですね。
 
【インド映画】
 インド映画産業のことを指していう言葉に、「ボリウッド」という言葉があるそうです。ムンバイの旧称ボンベイとハリウッドを掛け合わせた言葉です。
それほどインドの映画産業は発達していることを表しています。
 
インド映画をちゃんと見たのは初めてですが正直すごく面白くて俄然興味が湧きました。
インド映画って踊ったり歌ったりするイメージしかなかったのですが、
演技力の高さや、見せ方のうまさ、セリフ回しの面白さやテンポの良さどれをとってもすごかったです。踊りや歌も、登場人物の心情や話の流れにうまくそっています。すごく面白いし、クオリティも高いと思います。
 
ただ言葉が不思議です。インド映画だから全部ヒンドゥー語なのかと思いきや、英語っぽいのも混じってたり。インド映画の市場拡大に伴う策なのでしょうか。
 
個人的なお気に入りは、ラージュの家のシーンです。貧しくて昔風の家なのでモノクロで表現されています。
 
もうひとつ付け加えておきたいのが、主人公ランチョーを演じたアーミルカーンについてです。目力が強くて、演技や表情がすごく目を引いたので、気になって調べてみました。

f:id:nana7010:20160618225600p:plain

 
あれ?だいぶおじさんだな。。って
なんと現在51歳!!!まじか(撮影当時は44歳)
 
インド人は日本人にとって年齢不詳なところがあるとはいえ思い切った配役…
 
この写真だと、結構いいおじさんですけど、劇中ではとても44歳には見えませんでした。撮影中は1日水を4リットル飲んでフレッシュさを保っていたとか。。意味あるのかなそれ?
 
学生役ならもっと若い俳優もいただろうに、わざわざ起用したということは、彼自身の中にある若さみたいなものがあるからなのでしょうか。
インドでもトップ中のトップの役者らしいです。どうりでオーラが違うわけだ。。
この人を知ったのがもしかしたら最大の収穫かも。